学術研究部門

部門紹介

 大学としての研究戦略を策定し、その推進を通して本学の学術研究の活性化に取り組み、研究機能のさらなる強化を図ります。

  • 社会情勢に照らし、IRに基づいた大学としての研究戦略立案
  • 研究シーズ発掘と研究活性化推進、研究環境整備
  • 次世代拠点研究など学内ファンド事業の推進
  • 競争的資金(科学研究費ほか)の獲得支援
  •  
学術研究部門

研究推進方針

茨城大学では以下の「研究の目標」を掲げ、基盤的研究から地域連携・社会貢献を目指す研究まで幅広い研究に取り組んでいます。

先進的で多面的な研究の展開によって、人類が直面する、環境、エネルギー、気候、食料、水、人口問題を総合的に解決しうる新しい文化・科学的方策の提示と、それを担う人材の育成を図る。それによって、大学の使命である「学術研究の蓄積と継承」と「先進的な研究成果の創出」を実現し、名実ともに首都圏北部における国際的「知の拠点」になる。

詳細は以下をご参照ください。

代表的研究

本学において、特筆すべき成果を挙げている研究分野について紹介します。

研究拠点

複数の教員により実施され、学内外との連携によりさらなる研究展開が期待されるグループ研究を「茨城大学研究拠点」として認定しています。

Research Booster

新規研究のスタートアップや飛躍的な研究の発展をねらう個人または小規模な研究グループを対象に、研究機器の導入、集中的な調査・実験の実施のための研究費を配分します。

お知らせ

Top